2024年5月24日

チェックしておくべき退職のタイミング

看護師が気持ちよく退職するために、チェックしておきたいのが退職のタイミングです。ここでは、おすすめの退職のタイミングについて語っていきたいと思います。第一におすすめの時期といえるのが、年度末です。年度末は病院の組織体制が決まる時期です。そこで退職することを予め伝えられれば、勤務先に迷惑がかかる可能性は低くなります。もし年度末に退職する場合は、秋までに退職を上司に伝えておくのがベストです。

次におすすめなのが、ボーナス後です。ボーナスの支給後といえば、基本的に6月と12月頃でしょう。ボーナス支給時期に退職してしまうと、今まで頑張った分のボーナスを受け取ることができなくなります。少しでも手元にお金を残しておくという意味でも、ボーナスは支給してもらった方が良いといえます。特に、12月末まで頑張れば、その年のボーナスを満額もらえるため、可能であれば頑張りたいところです。

そのほか、求人が増える時期も退職のタイミングに適しています。一般的には、1月と7月頃が看護師の求人が増えるといわれています。豊富な求人の中から満足いく待遇の職場を見つけ出したいのなら、この1月か7月あたりを狙いましょう。求人が多いとなれば、転職活動もよりスムーズに進められます。特に「退職したい」と考えがちなのが、慣れない環境に苦しむ新人看護師です。新人看護師の場合、誰もが何らかの壁にぶち当たるものであり、慎重に進める必要があります。ただ、もし何をしても喜びを感じられなくなったり、不眠、食欲不振などの体調不良が出てきたりした際は要注意です。その場合は、心身のことを第一優先にして、辞めるのが賢明です。